叔父が集めていた古銭を売却したことについて

私の叔父は古銭を集めることを趣味としていて大切に保管していたのですが、その叔父が亡くなり叔父に子どもがいなかったために大量の古銭を私が譲り受けることになりました。祖父の宝物なので大切に取っておきたいとは思ったのですが、私の家は狭く押し入れに仕舞い切れない感じだったので仕方がなく買取業者に買い取ってもらうことにしました。金銭的なことよりも古銭に全く関心がない私が持っているよりも売却した方が絶対に良いと考えて買取業者に買い取りの依頼をすることにしたのですが、家の近くに良さそうな業者があったので直ぐに連絡をして来てもらいました。もちろん今まで買取業者に買い取りの依頼をしたことがなかったので少し緊張したのですが、業者の方は丁寧に対応してくれて質問すると分かり易く説明してくれたので本当に助かりました。このような形で叔父が大切にしていた古銭を買取業者に買い取ってもらったのですが、叔父にとってもこれで良かったのだと思っています。